1/9

アンバーネックレス 神秘の力 霊性の向上 邪気を祓う

¥27,800 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥30,000 will be free.

飴色の、大きなアンバーのタンブルをアンティークゴールドのワイヤーで巻きました。周りにアンバーのビーズとスワロフスキーのビーズをあしらいました。

6ミリのゴールドサンドストーン、8ミリのカッティングのタイガーズアイの間に10ミリのカッティングの美しいシトリン、8ミリのゴールドサンドストーン、8ミリのブロンザイト、最後に6ミリのタイガーズアイとゴールドサンドストーンで仕上げました。
アンティークゴールドのチェーンに、小さなクロスも重ねてあります。


アンバーは、絶滅した針葉樹林の樹脂が数千万年かけて化石化したものです。地中から採取されるため、便宜上鉱物として取り扱われています。太古の昔のロマンと夢を閉じ込めたような、神秘に溢れた宝石です。自然の中で形成される過程で、樹液の中に昆虫や葉などの有機物が混入しているものもあります。「シー・アンバー」は、比重が軽く、海水に浮いて海岸に打ち上げられたものを言います。それに対して、陸上の鉱山から採取されたアンバーは「ピット・アンバー」と呼ばれています。名前の由来は、燃やすと香ることから、アラビア語でanbarと呼び、それが現在のamberに変化したといわれています。和名の琥珀は中国の漢の時代に、“琥珀は、死んだ虎の魂が石になったもの”という伝説に由来します。勇敢な動物が死ぬとその魂が地中に入って琥珀になったという伝説があるそうです。

アンバーは、旧石器時代から、装飾品や治療薬として使用されてきました。医者は、胃の障害を和らげる為に内服薬にしたり、蜂蜜やオイルと混ぜて軟膏にして、各種の痛みや傷の治療に使ったそうです。古代の呪術師は、恋以外の全ての病を治す秘薬としてアンバーを使用しました。古代のエジプトやローマ、ギリシャでは祈祷師が神聖なお守りとして、儀式の時に身につけたそうです。ルネッサンス時代には、アンバーのロザリオを身につけたそうです。東洋の文化圏では、アンバーは鎮静効果と殺菌効果を出す為に焼かれました。こうすることにより、伝染病を防いだり、出産の時にはアンバーが菌に浸透して殺菌消毒をすると信じられていました。

<アンバー エネルギー>

霊的向上を促し、予言やテレパシス能力を向上させ、神秘の力を目覚めさせます。情報、伝達を容易にする力もあると言われているので、他人の言葉を理解しにくい人は、この石の力を借りると良いでしょう。アンバーは太陽のエネルギーを含み、元気のない時に身につけると生命力が高まり、気力が湧いてきます。過去の恐怖心や罪悪感、不安や絶望感を追い払い、生きる喜びを与えます。

アンバーの代表的な色である黄色はコミュニケーションの色で、内気な性格を防ぐともと言われています。また、邪気を祓う効果もあるとされています。大人にとっては、健康と長寿の石とされ、子供にとっては、悪霊や災い、病気から守ってくれる石、と信じられています。

熱と光をたくさん放射し、強力な磁気エネルギーを持った石です。低い熱伝導性があるため、触ると温かみを感じます。それにより鎮静作用があり、ラビングストーンとして、より愛されてきました。アンバーは身に付けるだけでなく、いつも指でこするようにしましょう。そうすることにより、高ぶった感情を鎮めて、精神を安定させてくれるそうです。さらに、こすることにより、静電気を帯びる帯電効果があることから良い気を引き付けるとされ、金運、仕事運、人気運が良くなると言われています。

ヨーロッパでは、アンバーをプレゼントする事は「幸運を贈る」という意味を持ち、英国では結婚10年目にアンバーを贈る「琥珀婚」という風習があります。



-アンバー タンブル 55mmx32mmx14mm(40mmx22mmx11mm)
-ゴールドサンドストーン  6mm 8mm
-タイガーズアイ 6mm 8mm
-シトリン 10mm
-ブロンザイト 8mm

N-279

☆サイズ

全長: 65cm (アジャスター5cm)

重さ: 37g

Add to Like via app
  • Reviews

    (58)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥27,800 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品